関口智恵(Sekiguchi Tomoe) プロフィール

色彩プロデューサー
株式会社キュア・カラー 代表取締役
一般社団法人 日本カラーヒーリング協会 理事長

ILA (世界の光と色の協会 日本支部) 代表


関口智恵

広告代理店勤務時代、松任谷由実・工藤静香・SMAP・CHAGE&ASKAなど、500人以上のアーティストの広告宣伝、プロモーションを担当。1998年には SMAPのアルバム「SMAP 012 VIVA AMIGOS!」のプロモーションとして、業界で先駆けとなるラッピングバスを走らせるなど、その戦略手腕は注目を浴びる。


かねてから学んでいた色彩学、心理学などを活かすため、癒し・色をテーマにした「キュア・カラー」を1999年に設立。個人を対象としたカラーセラピー、パーソナルカラー診断、心理カウンセリングを実施するほか、設立当初から各業界大手企業からの依頼があとを絶たず、色彩はもとより、前職経験を活かした企業のブランドづくりのコンサルティング、商品開発、監修などを多数行なっている。


テレビ番組では、色彩プロデューサー・監修として番組制作に参加するほか、自身が出演し、映画の色使いや環境色彩、流行色の分析についてのコメントや、共演者に(ビートたけし、所ジョージ、少年隊の東山紀之、酒井法子、TOKIO、佐藤隆太、久本雅美、ベッキーetc.敬称略)カラーセラピーを行うなど、幅広く活動している。

独特の語り口や、メディアからの要望を瞬時に察する能力が支持され、起業して以来、テレビ、ラジオ、雑誌など150以上のメディアに取り上げられ続けている。


2004年から、色彩心理やカラーセラピーに興味がある方、カラーで独立したい方向けにカラーヒーリング講座を実施。2006年には日本カラーヒーリング協会を設立。カラーヒーリング・アドバイザーの資格、認定講師制度を立ち上げる。色彩心理の専門家育成、輩出に携わる。

参加者からは「難しい色彩用語を理解しやすい言葉に翻訳してもらえる」と、親しみやすくわかりやすい講義が好評。色をとおして「自分を知る、浄化、癒し、未来を創造する」ことができる内容にも定評がある。

2014年には、感受性豊かなお子様とお母様向けに「スターライト親子アカデミー」イベントを開催。


2016年から「色の気エネルギーで女性性満開」ワークショップをスタート。
3月 開催されたILA(世界の光と色の協会)ウィーンでのカンファレンスにて、「光と色のカラーセラピー(SRS)と女性性についてのアンケート結果を報告」
5月 ニューヨークにて「色彩×女性性」をテーマにトークショー。 「色の気エネルギーで女性性満開」は、鎌倉・アメリカ・パリにて 今後も開催予定。
7月 ILA(世界の光と色の協会)日本支部 代表に就任。

ILA(世界の光と色の協会)
世界で研究されている光と色の情報を発信し、光と色の有効性を教育・建築・医療・IT・ エンターテインメント業界などに広め、社会に実践的に浸透されるためのプラットホームを創造していくなど、様々な活動をしている。




主な著書


『心の三原色―もっとキラキラ輝くあなたへ』インフォレスト
『幸せを呼びこむ色のチカラ―自分だけの「幸運色」の見つけかた』大和出版
『英語で恋愛!!』 増進会出版社


幸せを呼びこむ色のチカラ  心の三原色




講演実績


  • バンダイ 主催/「色彩心理で読み解くお客様の心に響く色づかい」
  • 日本生命 主催/お客様から好感をもたれる!色でコミュニケーション力をUPする法則
  • リフォーム産業新聞社 主催/テーマ「健康で楽しい家庭づくりのための色づかい」
  • JRA主催/「カラーセラピー講座~色を味方に幸せをよびこむ~」
  • 本田技研主催/「色彩心理 と コミュニケーション」
  • JAバンク主催/「大阪信連スキルアップ講座
    ~色を味方につけてビジネスで成功するポイント~」
  • 結婚情報サービスツヴァイ 主催/テーマ「恋愛心理学講座」
  • アクアシティ 主催/社員研修 テーマ「似合う色と色彩心理」
  • DHC化粧品 主催/テーマ「色を味方につけて幸せを呼びこむ方法」
  • モッズヘア 主催/ 新製品 記者発表会 「髪の色と似合う色、流行色について」
  • 伊勢丹 & 雑誌「キッズスタイル」(オリコン)コラボレーション企画/「カラーセラピー」
  • 渋谷区役所女性部主催/
    テーマ「カラーセラピー講座~HAPPYをひきよせる色のルール~」
  • 横浜市神奈川区役所主催/テーマ「色と健康について」
  • 男女平等推進フォーラムハートフル しながわ 主催/
    テーマ「シルバーのあなたらしい色をさがす」
  • 川崎市中原市民館男女平等推進学習 主催/テーマ「色とコミュニケーション」
  • その他企業研修など多数



ごあいさつ


写真:関口智恵私は、小さいころから、ずっと、結婚しても子どもが生まれても、自由に働けるように、「手に職」をつけたい・・・と思っていました。

その「手に職」が、私にとっては、「色」でした。 カラーの仕事をはじめる前は、広告代理店でアーティストの広告・宣伝全般に携わるお仕事をさせていただいていました。


20代の私は、ありあまりすぎる責任とやりがいのあるお仕事を満喫していました。いっけん華やかな業界でしたが、それよりも何よりも私は、<幸せな家庭>と<手に職>が欲しかったんですよね。


その後、1999年に「キュア・カラー」を設立、おかげさまで設立当初から各業界大手企業からの依頼がひきもきらず、色彩はもとより、前職経験を活かした企業のコンサルティング、またテレビ番組では、色彩プロデューサー・監修として番組制作に参加するほか、映画の色使いや環境色彩、流行色の分析についてのコメントや、共演者にカラーセラピーを行うなど、幅広く活動してきました。


なぜ「色」の仕事だったのか。といつも質問されるのですが、きっかけは本当に「たまたま」だったんです。しかし、学べば学ぶほど、あまりの光と色の圧倒的な力にのめりこんでいきました。

ちなみに「万有引力」を発見した物理学者ニュートンは、実は光と色彩の第一人者です。(1704年光学)

またドイツの詩人、小説家、自然科学者としても有名なゲーテも、(1810年色彩論)を発表しました。


歴史上では非常に著名なニュートン、ゲーテですが、お二人が「色彩」の第一人者だということをご存知のかたは、意外と少ないようです。

ニュートン、ゲーテの他にも、ノーベル化学賞を受賞したフリードリヒ・ヴィルヘルム・オストヴァルト(オストワルト)、フランスの科学者ミシェル=ウジェーヌ・シュヴルール、ルドルフ・シュタイナー。他にもあらゆる分野で既に成功をおさめている偉人たちは、若い頃ではなく、どちらというと晩年に「色彩」にたどりつくといった軌跡をたどっているんです。


私は自分が独立するための手段として選択した「色彩」が、偉人たちが生涯をとおして研究するほどまでに奥深いものだということを知り、本当に胸がふるえたんですよね。

私は、現在「色彩プロデューサー」というお仕事をしていて、その活動は次のように多岐にわたっています。


■ 色や心理学の執筆、講演
■ 商品開発
アーティスト、企業のコンサルティング
■ テレビ番組の監修
■視覚、聴覚、ボディワークなどを含めた感受性が豊かなお子様向け支援プログラムのプロデュース


色彩のみならず、「メンタルマネジメント」「エンタテイメント」「教育」「経済活動」(経営・広報・メンタルマネジメント・ヒーリングなど総合的に)アドバイザーやコンサルティングといった立場で、関わらせていただいています。


一番嬉しいのは、お客さまが、心身ともによい方向に変わっていく姿や、その過程を拝見することができ、たくさんの「ありがとうございました」メールをいただくことです。

私は男の子2人のママですが、子育てをしていて、よく感じるのは、自由に仕事ができる「何か」があって、私は本当によかったと実感しています。子育ては、楽しい反面、確かにハードです。今は、仕事・子育てと、夫と協力しあい、バランスよく、過ごすことができ、育児ストレスを抱えることなく、毎日、穏やかに過ごしています。


自分の思い描いていた理想の生活を現在、手にいれることができたのは、私が何か特別な才能や能力があるわけではなく、誰にでも自分の「夢」、自分の「理想」を手にいれることは、可能なんです。 「考える」だけではなく、「行動」することによって、その夢に、一歩ずつ近づいていきます。 一人ひとりが自分の本質と本来の美しさを思いだすことができれば、日本の明るい未来を創出することができると私は信じています。



関口智恵